スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBRの修復

仕事で,SUSEやらUbuntuやらのLiunxを入れて,Windows7とデュアルボートにしていたら,MBRが完全におかしくなってしまいました.

それで,さらにやっかいなことに,なぜかWindows7のパーティションが,おかしなことになりました.なにがおかしいかというと,Windows7上ではCドライブで表示されているのに,bcdeditというMBRやらブートマネージャを編集するツールからみると,Eドライブとして認識している.

とりあえず,Windows7のみ起動するようにしたくて,diskpartとbcdeditを使ってMBRを修復しました.
参考にしたHPはここです.

1.Windows7の修復ディスクからWindowsを起動します.
2.コマンドプロンプトを表示して,bootsect.exe /nt60 sys /mbr を実行します.これでMBRをWindows7用のbootコードにします.それまでは,LinuxのGRUBでした.

通常は,これだけで,いいのですが,だめでした.私の場合,diskpartからみると,Cドライブは,別のNTFSパーティションに割り当てられてしまっています.実際のWindows7は,Eドライブしかも,仮想ディスクというやっかいなことになっていました.とりあえず,作戦として,diskparrからみたCドライブにbootmgrを入れて,そこからWindows7をブートすることにしました.手順として,

3.diskpartを起動して,「select disk 0」でディスクを選び,「select partition 0」でC:ドライブを選択しました.
4.「active」をして,Cドライブをアクティブにしました.

そうしたら,うまくWindows7だけうまく起動できました.「bootsect.exe /nt60 sys /mbr」時点で,Cドライブにbootmgrがインストールされていたようで,そこにはすでにEドライブのWindows7がメニューとして登録されていたようです.

【余談】
通常「bootsect.exe /nt60 sys /mbr」でうまくいくところで,私の場合がだめだったのは,Cドライブが単にブートディスクとしてアクティブになっていなかったせいのようです.


スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

Essential Linux Device Drivers

仕事で,Linuxのデバドラを開発するので,「Essential Linux Device Drivers」を買ってみました.アマゾンで,4731円.Linuxのデバドラ解説で有名なのは,オライリーから出ている「Linux Device Driver(3rd Ed.)」.こちらも洋書を持っています.

私の理解不足なので,Linux Device Driverでは,私が望んでいるデバイスドライバがかけそうにありませんでした.「Essential Linux Device Drivers」の目次をみるかぎり,関連した項目があるので,とりあえず,買ってみようと思います.


Essential Linux Device Driverはこちら.


Linux Device Driverはこちら

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

fastkey

Author:fastkey
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。